Jause (ヤウゼ)

Jause (ヤウゼ)
高槻市の商工会議所2Fにあります。
予約も入っていたようですぐにいっぱいに
なっていました。
雰囲気の良いお店で、ランチをいただきました。
生春巻きとどんぶりなどボリュームもありますが、
ヘルシーで食べやすいものばかりでした。
味付けもさっぱりとしていますが、おいしかったです。
飲み物もランチについていて、追加料金でデザートもいただけます。

  

「あずかりやさん」大山淳子(著)

「あずかりやさん」大山淳子(著)
あずかりやさんという商売をする盲目の主人公と、
あずかりやさんに物を預けにくる人とのつながりを描いた作品。
短編がいくつかありますが、読みすすめていくとつながっている部分もあり
生きていく為に必要なものは何だろう?ということを問われているような
気がします。さくっと読める内容です。

★★★

([お]15-1)あずかりやさん (ポプラ文庫)

「空とセイとぼく」久保寺 健彦(著)

「空とセイとぼく」久保寺 健彦(著)
ホームレスの父と一緒にくらしていた主人公が
父の死をきっかけに児童養護施設にはいるものの、そこを抜けだし
犬のセイと一緒にくらしはじめる。
様々な人々と出会い、迷いながら成長していくストーリー。
生きることは大変なことですが、そのぶん喜びもあるような気がします。
そんなことを感じさせてくれる本でした。
★★★★

空とセイとぼくと (幻冬舎文庫)

今週の本

「猫は抱くもの」大山淳子(著)
最初は猫目線からはじまり、物語がすすんでいきます。
様々な目線からの話が続き、最後につながります。

猫は抱くもの


「長い予感」小川内初枝(著)
短編で別の話が進んでいくと思い読んでいると、実は話が続いています。
なんとなく切ない話でした。

長い予感

ワイヤードカフェ

ワイヤードカフェでランチ。女性のお客さんばかりで家族連れは少なかったですが、オシャレな空間とおいしい料理でリフレッシュ出来ました。


フレンチトーストはクリームやアイスがついていて、ペロリといけます。


ハンバーグのがっつり感はありますが、アボカドなどの野菜たっぷりでヘルシー。

ネギトロと野菜たっぷりの組み合わせ。どれもソースが美味しいです。

ヘクセンハウス

ヘクセンハウス

ヘクセンハウス(ドイツ語:Hexenhaus)はいわゆる「お菓子の家」のことです。
だいぶ前の話になってしまいますが、
無印良品で、クリスマスが過ぎてから安売りをしていて、こどもからつくってみたいと言われ
思わず買ってしまいました。
が、つくってみるとめちゃめちゃ大変です。
まず、何種類かの生地をつくってから、細かいパーツに切り分けないといけない。
そして、一度に焼くことができないので、結局3回くらいオーブンで焼きました。

組み立ては妻と子供に手伝ってもらいましたが、思いつきでつくるものではないですね。汗。
お菓子づくりは本当に手間と労力が、かかることがよくわかりました。